小学生のこどもと一緒に屋久島旅行に行くのに役立つ情報サイト

子どもと行く屋久島旅行

屋久島の観光・遊び

湯泊(ゆどまり)温泉

更新日:

栗生海水浴場へ行った帰り、海隣接の“湯泊(ゆどまり)温泉”へ行きました。

海隣接の温泉といえば、平内海中温泉が有名ですが、レンタカー会社の人に、“平中はダメ、湯泊に行って!”とアドバイスを受けました。

湯泊温泉は栗生海水浴場から車で15分ぐらいかな?平内海中温泉からは車で5分のとなり同志にありますが、看板が地味すぎて見逃してしまいそうなので注意。カーナビに“湯泊温泉”とでていたので、無事たどりつきました。

大通りからはちょっとだけ入りますが、道もそんなにせまくなく大丈夫。

駐車場に車をとめると、簡易トイレと簡易更衣室がありました。協力金は100円です。管理人と思われるおじさんが湯上りスタイルのパンツ一枚でうろうろしていて、“温泉はあっちよ~”と案内してくれました。

おじさんはかき氷やジュースなども販売しているみたい。

yakushimaCIMG0426

海の前にいきなり温泉。男湯、女湯と書かれているけど、一つの湯船に湯から上のみ木でわけられているだけで、とってもフリーな温泉♪

私たちしかいないので、はいりましたよ~。

yakushimaCIMG0425水着がダメだとかそういうことは特にかいてなかったけど、前にいたお客さんも裸ではいっていたので、私たちも♪

先ほどの更衣室からは男湯を通ってこないといけないので、あの更衣室は意味がないかも。

私たちは、お風呂横の大きな岩陰に隠れて着替え、入りました。女湯はそんな感じでこそっと着替えて入れるようになっています。男湯は、隠れるとこはないかな~。。

 

誰もいないし、男湯、女湯を下で行ききでき完全家族風呂でした。目の前にはザブーンザブーンという海があり、まさに絶景露天風呂。

平内海中温泉は1日2回干潮前後の2時間だけ入れる岩場にわく温泉で、脱衣所はなく水着は不可で混浴。レンタカーやさんによると、時間をあわせるのも難しいし、そこにいる人が何かとうるさいから、湯泊がおすすめ♪なんだそうです。

たしかに湯泊はいつでもはいれるし、気持ち混浴ではなく、なんとなく着替えも楽にできます。

私たちがいたときには、貸し切りだったのですが、そのあと、団体さんがやってきて、そうなるとちょっと難しいかなとおもいましたが、タイミングを見計らえば絶景風呂が楽しめますよ。

海水浴のあと、水着のままでいったので、汗や潮を流してきれいさっぱり気持ちよかったです。

温泉はアルカリ性単純温泉ですが、ものすごいゆでたまごのくさったようなにおいがしたので、硫黄もまじってる?こどもたちはくさい、くさいっていってたけど、とっても皮膚によさそうなつるつるの温泉でした。

神経痛、筋肉痛、関節痛に効果があるといわれています。

 

 

yakushimaCIMG0431

 

となりには足湯もあるので、着替えに抵抗ありという人は足湯だけでも楽しんで!

景色がいいし、なかなかできない貴重な体験でした。

 

火曜日午前中はお掃除のため定休日らしいです。それ以外は24時間入浴可能。波の音を聞きながら、満点の星を眺めながらのんびり入浴できます。

スポンサードリンク




-屋久島の観光・遊び

Copyright© 子どもと行く屋久島旅行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.