小学生のこどもと一緒に屋久島旅行に行くのに役立つ情報サイト

子どもと行く屋久島旅行

旅行手配・移動手段

鹿児島中央駅から九州新幹線で関西へ

更新日:

今回の旅は、行きは伊丹→屋久島空港までの直行便を使い、帰りは屋久島→鹿児島まで高速船トッピーで、鹿児島から九州新幹線で帰ることにしました。

スポンサーリンク

トッピー船着き場から鹿児島中央駅まで

屋久島から高速船トッピーで鹿児島につきました。トッピーは時間より少し遅れて到着。鹿児島のトッピー船着き場(鹿児島本港南埠頭)近くには、水族館があったり・・と時間があれば楽しく過ごせるスポットもあります。

yakushimaCIMG0516

鹿児島のトッピー船着き場(鹿児島本港南埠頭)から鹿児島中央駅までは車で15分、バスで20分ほど。

私たちは、乗換時間が2時間もあったので、バスにのり、天文館で途中下車してお昼ご飯を食べることにしました。

yakushimaCIMG0520

天文館は、鹿児島の繁華街。この中にかき氷で有名な“しろくま”があると聞いていたので、近くで鹿児島ラーメンでも食べて、そのあとしろくまを食べたらいいかとお昼を食べるお店を探していたら、知らない町で意外と時間がかかってしまいました。

そうこうしているうちに、“時間が無くなっちゃうんじゃない?先に白熊いく?”ってことで迷い、迷って天文館むじゃきの白熊に到着。

するととんでもない行列ができていました。新幹線まであと1時間。とてもじゃないけど並んでられません。むじゃきの白熊は、天文館むじゃき本店、及びアミュプラザ鹿児島店でしか食べれないらしく、アミュプラザが駅前なのでもしかして駅前で食べれるかも・・・と思い、とりあえず、そこからまたバスにのって、鹿児島中央駅へ。

すると、駅前になんとむじゃきのしろくまの出張販売が来てました♪

yakushimaCIMG0526

しかも誰も並んでなくて、すぐに食べれそう。さっそく注文します!

yakushimaCIMG0522

これが定番の白熊。本家で食べるともっと大きいみたいですが、これでも十分大きくておなかいっぱいになりました。

普通のかき氷とは全然味がちがって、自家製ミルクがとってもおいしい。

yakushimaCIMG0523

チョコレート白熊にはコーンフレークが入っていてこれまたおいしい♪鹿児島にいったらぜひむじゃきの白熊をたべてみてください。

 

乗換時間は意外と時間がない?!

トッピーから鹿児島中央駅までの時間は最初1時間で十分かなと思っていたのですが、新幹線が満席でとれず、2時間の乗換時間ができてしまいました。

屋久島のお友達によると、意外と時間はないものよ、2時間でもギリギリになるかも・・と言われましたがそのとおり。ただ乗り換えるだけなら1時間でも大丈夫だと思いますが、トッピーも遅れますし、降りるにも時間がかかります。

バスは本数はあるほうですが、見知らぬ土地でお店を探すのは大変で、こういうところもしっかり計画していけばよかった・・・と思いました。

鹿児島でお弁当をかったり、白熊を食べたり、お昼ごはんを食べようと思うなら2時間あってもギリギリです。

結局私たちは、白熊出張販売を食べて、駅弁を買い、新幹線に飛び乗りました。

九州新幹線は豪華

鹿児島中央駅から九州新幹線“みずほ”に乗りました。

yakushimaCIMG0531

九州新幹線に乗るならぜひ直通の“みずほ”や“さくら”にのってください。

小倉からは“のぞみ”も走っていますが、“のぞみ”とは中身が全然違うのでもったいない!みずほやさくらは普通はでも2列×2列で広々座席。

まるでグリーン仕様のようです。前も後ろもゆったりしていて造りも豪華。途中、乗務員さん(女性)がこどもたちに折り紙をもってきてくれて、まるで飛行機のようでした。

鹿児島中央駅から新大阪まで最速3時間42分かかりますが、景色をみていたらあっという間でした。

九州新幹線早割キャンペーンは2014年3月末まで延長

屋久島へ新幹線で・・という人はあまりいないかもしれないのですが、伊丹→屋久島の直行便は8月だと早割がほとんどきかず、早割でも大人30,600円 こども17,100円

一方、九州新幹線はスーパー早割で、鹿児島→新大阪 大人 14,000円 こども6,990円
トッピーが屋久島安房→鹿児島 大人8,200円 こども4,100円

合計で 大人22,200円 こども11,090円とかなり安くなります。

移動にほぼ一日かかりますが、船にも新幹線にものれて鹿児島もちょこっと味わえて片道はこれでいけてよかったと思っています。

往復はちょっと時間の無駄かな・・・。

九州新幹線は2週間前までにインターネットで会員登録(無料)して買う“スーパー早割”の販売を2013年の9月末までの予定でしたが、販売期間を2014年3月31日まで、利用期間を2014年4月14日(月)まで延長しました。

来年の春休みに九州、屋久島へ行こうという人はかなり安くなってお得だと思いますよ。

また、早割の座席数は限られているため、新幹線に空席があっても早割は受付終了ということがあります。予約は乗車の1か月前からできますので、1か月前のその日に予約した方がいいと思います

スポンサードリンク




-旅行手配・移動手段

Copyright© 子どもと行く屋久島旅行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.