小学生のこどもと一緒に屋久島旅行に行くのに役立つ情報サイト

子どもと行く屋久島旅行

旅行手配・移動手段

伊丹から屋久島までの直行便 体験レポート

更新日:

関西(伊丹)から屋久島まで飛行機で行くのに便利なのが、伊丹から屋久島までの直行便です。

 

スポンサーリンク

関西から屋久島へ直行便の値段

屋久島大阪直行便

鹿児島空港経由で行くよりも早く、安く行けるので、関西から行く人はこの直行便(日本エアコミューター 機種:DH4)がおすすめです。

 

関西からの交通手段の値段比較はこちら

7月1日~8月31日の伊丹から屋久島までの飛行機代は正規料金で、

片道 大人38,400円  往復割引で片道34,900円 小人19,200円 

早割を使うと安くなりますが、夏のトップシーズンだと 早割でも大人30,600円 こども17,100円でした。早割で購入すると、キャンセルや変更ができないので注意。

伊丹→屋久島間の所要時間は約80分

ちなみにこれが9月1日~10月29日になると 片道大人30,000円 往復割引で片道 27,400円 小人 15,000円 になるので、やはり夏休みベストシーズンは高いですね。

もし、おじいちゃん、おばあちゃんがおられるなら当日シルバー割引が最大80%割引。満65歳以上の方で当日空席がある場合のみ 1万円代(日付によって変動)で乗ることができます。また、満12歳以上22歳未満の人も当日空席がある場合のみ最大約58%割引(スカイメイト

チケットがあるときとないときがあるので、賭けではありますが、とりあえず正規料金のチケットを買っておいて、当日チケットがあればそれをキャンセルして、割引チケットに買い替えると安心。

大阪屋久島間の直行便は1日1便 大阪⇒屋久島 10:30発→12:05 屋久島⇒大阪19:50→19:15 。時間を有効に使える時間帯でありがたいですね。

 

 

直行便の予約方法

予約はJALのホームページから日付で人数をいれて予約します。

ネット上で席も自分で自由に選べます。決済は、いろいろ方法がありますが、クレジットカードやコンビニ端末を使うこともできます。

私はクレジットカード決済でネット予約しました。ネット予約の場合、メールでタッチ&ゴーの搭乗券が送られてくるので、空港でチェックインが不要で便利です。それを印刷してもっていくか、スマホに転送して、画面でバーコードを表示させるだけですが、持っていくのをお忘れなく~。

 

伊丹から屋久島へ直行便に乗りました

yakushimaP1180777

伊丹空港には1時間前に到着。

30分前には到着しておきましょうと書いてあるけど、夏休みなどは空港が混んでいるので、1時間前ぐらいがベスト。ここで発券を行います。ネットで席まで予約してあるので、端末に番号をいれて、自分で発券するだけ。

発券ができたら、荷物を預けます。手荷物は縦×横×高さが100㎝以内。こどものリュックなどは手荷物にしました。

荷物を預けたら空港散策。こどもたちは飛行機に乗るのが初めてだったので、キョロキョロ。“わ~大きい~どんなのに乗るのかな~”とわくわくしてるんですけど、伊丹からの直行便をみたらびっくりするだろうな・・・。

手荷物検査を終え、搭乗手続きをすませ、いざ搭乗ゲートについてこどもたちの顔がややくもりました(笑)。

 

yakushimaDSCF0670

今まで見ていた飛行機とは雲泥の差のまさかのプロペラ機。自動改札をとおりぬけると階段を下りて一度地面におり、直に飛行機に乗り込みます。

初めて乗る飛行機がこれってすごい思い出。

yakushimaDSCF0671

 

飛行機が大嫌いな私。それを言うと、こどもたちも怖がるだろうからと黙っていたけれど、このプロペラこわいわ~。

yakushimaP1180782

 

中は両側2列シートの新幹線より狭いタイプ。4×20列で約80席の小型機です。

 

yakushimaCIMG0509あえてプロペラの見える席をとってみた私。プロペラの音が大きくてこどもたち、怖がりながらも興奮ぎみです。

 

yakushimaDSCF0688“わ~い雲だ!雲だ!”雲だけで大喜び。“てっぺんはどこなの?”と聞く次女。てっぺんはないです・・・。

直行便は1日1本 10時45分発で12時15分着。約1時間半のフライトでしたが、こどもたちにはシールがもらえ、みんなに飲み物もでました。

スープを飲んでいるうちに、あっという間に種子島がみえ、そのすぐあとに屋久島があらわれ、本当にすぐに到着しました。

yakushimaP1180780

着いたら階段を下りて、そのまま歩いて建物へ。飛行機とこんな写真がとれるのも屋久島ならでは。“え~もう着いたの~?もっと乗ってたい!”というほど短かったです。プロペラ機だけど揺れもほとんどなし。快適でした。

直行便は楽チンです。プロペラ機からでてくる荷物はすべて手動で、屋久島空港も驚くほど小さいので、スーツケースはベルトコンベアーを流れてくるのではなく、手渡し。

なかなか趣のあるフライトでしたよ。

屋久島空港

屋久島空港はとても小さく小さなレストランと小さなお土産やさんがあるだけ。帰りも混雑することなくスムーズなので15分前に保安所を通ればok。ギリギリまで遊べます。

 

スポンサードリンク





-旅行手配・移動手段

Copyright© 子どもと行く屋久島旅行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.