小学生のこどもと一緒に屋久島旅行に行くのに役立つ情報サイト

子どもと行く屋久島旅行

屋久島とは

屋久島ってどんなところ?

更新日:

屋久島は1993年に世界自然遺産に登録された自然がいっぱいの鹿児島県にある島です。

屋久島白谷雲水峡

山間部に樹齢推定2070~7200年(諸説あり)の縄文杉や多くのヤクスギ原生林が存在しています。

平成5年12月、日本ではじめての世界自然遺産に登録されました。

屋久島が世界遺産に選ばれた理由として、亜熱帯から冷温帯に至る多様な気候が広がり、南北の植物相お変化が連続的にみられる屋久島独特の“垂直分布”という現象が高く評価されたからと言われています。

 

山岳では、九州最高峰宮之浦岳(1936m)を筆頭に九州で8位までの高峰が連ねています。また、海岸部ではハイビスカスやガジュマル等熱帯計植物も多く、パパイヤ、マンゴー、パッションフルーツなどのフルーツも充実し、良質の温泉もわき出ています。

水と緑にあふれて自然がいっぱい。縄文杉や白谷雲水峡などパワースポットもいっぱい。大自然を体感しに屋久島へ行こう!

 

スポンサーリンク

屋久島の気候

屋久島は海岸部は亜熱帯性気候。雨が多く土地です。年間降水量は里で約4000mm、山は8000mmほど。天気も変わりやすいのが特徴です。

屋久杉

屋久島に自生する樹齢1000年以上の杉を屋久杉といいます。

苔むす森

屋久島にはトレッキングを目的に旅行へ行く人も多いです。その中でも人気のコースが白谷雲水峡。その最大のみどころが、苔むす森です。

宮崎駿監督の“もののけ姫”のモデルとなった場所といわれ、一面苔におおわれて神秘的。

屋久島ともののけ姫

屋久島に行くなら、“もののけ姫”のDVDを見てから行きましょう。“もののけ姫”は屋久島の古い歴史を再現したドラマです。

縄文杉登山の途中で、もののけ姫にでてくるいろんなものを紹介してもらいましたが、うちの子にはみせてなかったため、もったいないことをしたな~と思いました。

沖縄とのちがい

よく屋久島と沖縄どっちがおすすめ?と聞かれるので違いを書いておきます。同じ南の島でも大きく違います。沖縄のほうが都会でより観光地化されています。沖縄は広く、たとえば、空港から有名なちゅらうみ水族館にいこうと思うと100キロ。車で2時間ほどかかって移動に大変。

屋久島は空港についても空港自体が小さくて、飛行機から階段で歩いて空港の建物へ。荷物もベルトコンベアーがなく手渡し、その後、安房や宮之浦といった屋久島の中心地にいくには車で15分ほどで到着します。海水浴や川、滝などみにいこうとおもうとどこへ行くにも渋滞もなく、20~30分ほど車を走らせれば到着するので、移動に時間がとられず、遊ぶ時間を十分にとることができます。

島を一周ドライブ(何も見ずに運転)しても1周約2時間半ほどの小さな島です。

屋久島には、水族館やプールといった施設はなく、観光のメインは登山、トレッキング。海、川遊び。沖縄の海水浴場は整備されて、ホテルの目の前がビーチというところも多いですが、屋久島は大きなホテルは数軒でほとんどが民宿。海には囲まれていますが、きちんとした海水浴場は少なく、どこでも入ってねという感じ。

自然が身近に感じられて住むように楽しめるのが屋久島です。

スポンサードリンク





-屋久島とは

Copyright© 子どもと行く屋久島旅行 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.